大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS

西村眞悟論文索引

表題 掲載書籍 発刊 形式
「パラオ・ペリリュー島で両陛下をお迎えして」 月刊正論 6月号 論文
「二度と国策を誤らないための、正しい対中国、アジア戦略とは」 伝統と革新 17号 論文
「我ら、国家守護の双頭たらん」 正論 11月号 田母神俊雄氏との対談
「日本を腐らせ、亡国に誘う朝日新聞」 WiLL 11月号増刊号 論文
「明治維新の志をもって、国家の革新にあたれ」 伝統と革新 16号 インタビュー
「日本よ、『凄まじき自衛権』を行使する国家たれ」 正論 2014年8月盛夏特大号 論文
「中・韓の武器は『嘘』と『捏造』」 WiLL 2014年6月超特大号 論文
「『亡国』から『再興』へ 我ら如何にしてその実践者とならんか」 別冊正論 Extra.21号 論文
「式年遷宮のごとく還るべき古なければ、変革は単なる破壊に終わる」 伝統と革新 15号 論文
「我が国を再興するために回帰すべき原点とは」 伝統と革新 14号 論文
「撃て!空の防人よ、国民は君たちと共にある」 正論 2014年2月号 論文
「愚かな国の愚かな大統領」 WiLL 2013年12月超特大号 論文
「領土と国民を守『自存自衛の体制』の構築」 伝統と革新 13号 論文
「我が国の伝統的精神がもたらしたもの」 伝統と革新 12号 論文
「歴史戦争への我が一撃」 正論 2013年8月号 論文
「『従軍慰安婦』問題独占手記 民族の誇りを取り戻せ!」 WiLL 2013年8月超特大号 論文
「真の『主権回復』とは何か」 WiLL 2013年7月超特大号 論文
「自公連立は国民に何を問い得るか」 正論 2013年6月号 論文
「『維新』とは、日本本来の姿を自覚し、国家の存続に命を懸けるということ」 伝統と革新 11号 インタビュー
「殺された企業戦士十名への鎮魂曲」 WiLL 2013年4月号 論文
「日本本来の姿を取り戻しさえすればあらゆる困難にも打ち克てます!」 財界にっぽん 2013年4月号 インタビュー
「人類の大義と日本の理念」 WiLL 2013年3月超特大号 論文
「貪婪な嘘つき国家には報復を」 月刊正論 2012年11月号 論文
「戦後政治の犯罪性が暴露された『あの日』」 正論 2012年10月号 論文
「小沢一郎は日本の疫病神だ」 WiLL 2012年6月超特大号 論文
「わが畏友、河村たかし市長に続け」 正論 2012年5月号 論文
「『従軍慰安婦』は韓流ドラマだ」 WiLL 2012年3月特大号 論文
「国家再興の秋(とき)」 WiLL 2012年1月新年超特大号 論文
「日本人とはいかなる民族か 共に生き 共に死にたいと思う絆」 別冊正論 16号
(わが子に語りたい 日本人の知られざる物語)
論文
「靖国が哭いている」 正論 2011年11月号 論文
「『開戦詔書』の復権なくして日本の再興なし」 別冊正論 15号
(中国共産党野望と謀略の90年)
論文
「士は己の知る者の為に死す」 正論 2011年6月号 論文
「対中屈服、対中迎合という病」 WiLL 2011年1月号 論文
「その傲慢 腹に据えかねる」 WiLL 2010年12月号 論文
「無惨なり!売国的敗退」 WiLL 2010年11月号 論文
「尖閣諸島の主権発動に待ったなし」< 正論 2010年11月号 論文
「歴史を捏造した『菅談話』」 WiLL 2010年10月号 論文
「保守よ、いまこそ救国の隊列を組め!」 正論 2010年6月号 対談(遠藤浩一)
「日本に仇なす無道の人(小沢一郎)に告ぐ」 正論 2010年3月号 論文
「かけがえのない同志を失った」 WiLL 2009年12月号 論文(追悼 中川昭一さん)
「百難不屈! 我が新たなる闘争に向けて」 正論 2009年11月号 論文
「不作為に堕した国防における『現実主義』」 正論 2009年8月号 論文
「衆議院議員 西村眞悟の対馬視察記」 ストライク アンド タクティカルマガジン 2009年7月号 視察記
「『村山談話』こそ更迭せよ!」 WiLL 2009年1月号 論文
「めぐみちゃんは力で取り戻せ」 WiLL 2008年12月号 対談(アーサー・ブラウン元CIA東アジア部長)
「侵略される対馬と無力な日本」 激論ムック OKA MOOK241 対談(西村幸祐)
「国体からみた領土問題ー歴史を見つめ覚悟を固めて取り組めー」 国体文化 2008年9月号 講演録
「アイヌ先住民族決議の背後にある日本悪しかれ史観の嘘」 正論 2008年8月号 論文
「今こそ領土問題で”攻勢”をかけよ」 正論 2008年 3月号 対談(児玉泰子、仲間均、濱口和久)
「安倍総理への鎮魂曲」 WiLL 2007年11月号 論文
歴史に学ぶ 月刊日本 2007年8月~2012年12月連載
「独立自尊の国防体制確立を急げ」 月刊日本 2007年7月号 論文
「『戦後からの復興』に邁進」 世論 2007年4月号 論文
「嗚呼、硫黄島」 月刊日本 2007年1月号 論文
「硫黄島の戦いに想う」 世論 2006年11月号 論文
「国防こそは日本再生の起点」 不二 2006年8月号 講演録
「迫られる核武装への決断」 月刊日本 2006年8月号 論文
「”小さな部屋”の窓辺にて 懊悩と、覚悟と」 別冊正論 Extra03 2006年7月号 随筆
「どこがマドンナや 飛田新地でも売れんわ」 WiLL 2005年12月号 対談(勝谷誠彦)
「民主党はビビンバ党、小泉はホンモノのヘタレや」 WiLL 2005年10月号 対談(勝谷誠彦)
「北朝鮮とアルカイダが日本を襲う!?」 ビジネスインテリジェンス 2005年9月号 インタビュー
「間違った『防衛ライン』が国を滅ぼす。」 日本の防衛7つの論点 別冊宝島 Real65 インタビュー
「靖国参拝問題は海洋国家日本と中華文明との決戦場だ」 月刊日本 2005年8月号 論文
「浅沼刺殺の『テロルの決算』」 Voice 2005年8月号 随想
「河野洋平はチョン切られた宦官だ!」 WiLL 2005年8月号 対談(勝谷誠彦)
「若モンはバイク、年寄りもバイク」 GOGGLE(バイク雑誌) 2005夏号 インタビュー
「百年に一回の日本政界の大転換が刻々と迫っているのだから・・・」 政財界 2005年3月号 インタビュー
「親父は偉くて怖い」 WiLL 2005年3月号 随筆
「数ではなく政治家の中味を問うべし」 明日への選択 2004年10月号 インタビュー
「拉致問題は『国直しの運動』である」 新国策 2004年7月15日号 寸評
「『究極のヒューマニズム』を回復せよ」 日本文化 2004年夏号 対談(井尻千男)
「『国交正常化』より『経済制裁』が先だ!」 諸君 2004年7月号 対談(平沼赳夫議員)
「劣化する日本人と、滑稽なる『公私混同』」 諸君 2004年6月号 対談(石原慎太郎)
「国家と人命ー政治家の覚悟とはー」 正論 2004年6月号 講演録(対石原慎太郎、安倍晋三)
「転換期に西郷南洲を思う」 月刊日本 2004年4月号 随筆
「イラク派遣の自衛官に申し上げる」 正論 2004年3月号 論文
「百年の教訓、五十年の安全」 諸君 2004年2月号 対談(岡崎久彦)
「『平壌コネクション』が日本を滅ぼす」 諸君 2003年10月号 対談(石原慎太郎)
「女性にこそ分かってほしい
『ヤスクニ』という物語」
正論 2003年10月号 対談(さかもと未明)
「同盟と独立の間で決断の時来れり 日本の活路はどこにある!」 正論 2003年4月号 対談(日下公人、志方俊之、田久保忠衛)
「アメリカの核を持ち込め」 Voice 2003年4月号 対談(西岡 力)
「日本の政府は怠慢です。拉致問題、テロ対策・・・、一般人に武器の所有を許可すべき」 月刊セキュリティ研究 2003年3月号 インタビュー
「わが国は『非核三原則』を廃棄せよ!」 月刊日本 2003年3月号 講演記録
「『拉致被害者』家族が恃みとした”大御心”」 正論 2003年3月号 講演記録
眞悟見参 救国の一灯 諸君! 2003年2月~2005年12月 毎月1回コラム連載
「国家観が欠落した日本人」 月刊日本 2003年2月号 シンポジウム(小林よしのり)
「危機を救う『おかあちゃん』の力」 Voice 2003年1月号 対談(上坂冬子)
友好に踊った愚を覚れ、譲歩は力の信奉者を暴走させるだけだ(中国編) 正論 2003年1月号 論文
『学習組』に破防法を適用せよ 諸君 2003年1月号 対談(平沢 勝栄)
眞悟の一撃! Play Back 2003年Vol.1~
テロ国家の独裁者金正日を震撼させよ! 月刊日本 2002年12月号 インタビュー
目覚めよ、日本!金正日の罠 核・拉致・飢餓・難民 諸君 2002年12月号 対談(中西 輝政)
私が実感した中国人の習性 正論 2002年12月号 聞き取り(加藤三之輔)
日本の魂を次々と売り渡す小泉純一郎に首相の資格はない! 経済界 2002年10月22日号 対談(前野 徹)
殺ったな!『拉致査察』をやれ! 諸君 2002年11月号 対談(石原慎太郎)
わが国を危うくしているのは誰か 正論 2002年10月号 論文
『志』を語ることこそ教育の根幹なり 正論 2002年8月号 対談(木村貴志)
今こそ興起せよ、大和魂 諸君 2002年6月号 対談(石原慎太郎)
『不審船』放置するなら倒閣だ 文芸春秋 2002年5月号 対談(石原慎太郎)
日本の貿易収支が赤字になる日 致知 2002年5月号 対談(中村 功)
日本はテロ支援国家じゃないか! 諸君 2002年3月号 論文
不審船事件が浮き彫りにした亡国に至る病 正論 2002年3月号 論文
つぎに日本がテロの標的となる可能性 正論 2001年11月号 インタビュー
月刊日本11月号掲載記事 月刊日本 2001年11月号 論文
真に戦後政治から脱却するには 月刊日本 2001年9月号 論文
人道援助では救えない北朝鮮人民の地獄 正論 2001年8月号 対談(N.フォラツェン)
眞悟が征く 大阪新聞 *2001年~2002年3月「大阪新聞」にて毎週金曜日連載
なぜ李登輝は訪日できないか 正論 2000年12月号 論文
男たちよ!父性原理を喪失した国へ 正論 2000年11月号 論文
眞悟の憂国 月曜評論 2000年10月~2004年8月、毎月1回コラム連載
『言語空間』をブチ破れ! 諸君 2000年10月号 対談(石原慎太郎)
中国の海洋覇権を許すな アジア諸国の期待に応え得る政治の建設を 祖国と青年 2000年10月号 講演記録
無責任なマスコミを叱る 月刊日本 2000年10月号 対談(ミッキー安川)
目で見る私の履歴書 政経人 2000年10月号 グラビア
20世紀とは、日本と世界にとって何であったか 私たちが生きた20世紀(文春文庫) 2000年10月初版 回想
”衰亡の風”にたちむかうために 正論 2000年9月号 体験記
大道廃れて仁義あり、国乱れて忠臣あり 月刊日本 2000年5月号 論文
国防を議論してこそ政治家である THEMIS 2000年5月号 インタビュー
日本政府は、めぐみの居所を知っている! 週刊女性 2000年4/11号 インタビュー
一刀両断・日本国憲法 法律文化 2000年vol.2 インタビュー
朝日新聞よ、時の空気でメシを食うな 正論 1999年12月号 インタビュー
それでも私は『国軍』創設を主張する! THEMIS 1999年12月号 インタビュー
特集西村政務次官発言を葬るな
国会で堂々と核議論を!!
月刊日本 1999年12月号 論文
1999年夏・インドネシア報告 月刊日本 1999年9月号 論文
男たちよ、愛する者のために死ね!:
『七人の侍』のごとく闘い、『タイタニック』のごとく恋をする
正論 1999年8月号 (櫻田 淳)
われ、日本再生の芽吹きを信ず 致知 1999年8月号 インタビュー
地上の幻、空の過酷、われF15に搭乗せり 正論 1999年6月号 随筆
『北船』打ち払い令 諸君 1999年6月号 対談(中川八洋)
『平和ぼけ日本』を叱る!:
政府は国家の危機に立ち向かう勇気を持て
月刊日本 1999年5月号 インタビュー
海洋アジアの『日出づる国』、日本の戦略と可能性 正論 1999年3月号 論文
思考停止の似非インテリよ、国を滅ぼすのはお前たちだ! 正論 1999年1月号 対談(立川談志)
日本は座して死を待つのか! 月刊日本 1998年11月号 論文
スパイ防止法を制定せよ Voice 1998年10月号 論文
橋本内閣はスハルト以上の堕落政権 官界 1998年7月号 インタビュー
お気楽日本が壊滅する日 正論 1998年6月号 対談(麻生 幾)
断末魔の戦後憲法体制 月刊日本 1998年1月号 対談(遠藤浩一・福田和也)
亡国か再生かー国家存立の戦略と歴史の潮流 言論春秋 1997年12月号 講演記録
日本の生命線は日本人が守る… 官界 1997年11月号 インタビュー
金正日を見ていると閔妃を思い出す 正論 1997年8月号 インタビュー
わが『尖閣諸島』上陸の記 諸君 1997年7月号 対談(石原慎太郎)
強い日本がアジアに安定をもたらす 祖国と青年 1997年6月号 インタビュー
私たちはこう考える 文芸春秋 1996年8月号 アンケート