大阪堺市出身!国家の安全保障や国益優先の信念を貫く行動派!

日本のこころを大切にする党 西村眞悟

  • 1
  • 4
  • 6
  • 3
  • 5
  • 8
  • 0
  • 西村眞悟 Facebook
  • 西村眞悟 twitter
  • 西村眞悟 RSS
陸軍特攻 誠 第百十九飛行隊の出撃一時間半前の写真。
2012/09/09
陸軍特攻 誠 第百十九飛行隊の出撃一時間半前の写真

陸軍特攻 誠 第百十九飛行隊の出撃一時間半前の写真。
台湾桃園飛行場で。昭和二十年四月二十二日午前八時半頃。少年飛行兵出身の十四人。全員十八歳から十九歳の若者。

西村眞悟の時事通信

日本再生同志の会
ネット献金 浄財募集

お知らせお知らせ一覧

「国家の覚醒」天壌無窮、君民一体の祖国日本
2015/12/26
「国家の覚醒」天壌無窮、君民一体の祖国日本

「初めて尖閣に上陸した国会議員。1997年5月6日 尖閣上陸 こんな議員が必要だ。」
大東亜戦争終結より70年、戦後体制は未だ我が国を呪縛してやまない。
世界の地殻変動を前にいま為すべきことはなにか。本書はその解答を提示し実践を説く。
展転社 平成27年12月23日発売 定価2,000円+税

著書と寄稿

「英霊との対話」としての政治
2015/04/21
「英霊との対話」としての政治

当HPでも配信している「時事通信」を中心に加筆しまとめたものです。
憲法を取り戻す、国軍を創設する、歴史を取り戻す――日本再興のための直言集。
青林堂 平成27年4月27日発売 頒価1,296円

著書と寄稿

日本文明の肖像Ⅱ
2014/06/25
日本文明の肖像Ⅱ

平成25年度拓殖大学日本文化研究所公開講座を収録した本で、西村眞悟が「文明の力、文明と力」という題で講座を1つ担当。
展転社 平成26年6月 定価:1800円+税

著書と寄稿

支那討つべし -西村眞悟が「歴史に学ぶ」-
2014/01/24
支那討つべし

平成19年8月から平成24年12月まで、雑誌「月刊日本」に「歴史に学ぶ」という表題で毎月連載した随筆風の一文を一冊にまとめたものです。
K&Kプレス 平成26年 1月 頒価:1400円+税

著書と寄稿

動画 DE 眞悟

海上自衛隊練習艦かしま平成26年帰国行事&遺骨引渡式

2014/11/01掲載 NEW!

海上自衛隊練習艦かしま平成26年帰国行事&遺骨引渡式

海上自衛隊練習艦かしま平成26年帰国行事と、同艦がソロモン諸島から引き揚げてきたご遺骨引渡式の模様です。
先の戦争で亡くなった英霊のご遺骨が日本の軍艦で還ってきたのは極めて異例です。

19分00秒

太陽の党 代表就任記者会見

2014/09/29掲載

太陽の党 代表就任記者会見

西村眞悟が太陽の党代表に就任した際の記者会見の模様です。
石原慎太郎前太陽の党代表及び新たに代表幹事に就任した田母神俊雄元航空幕僚長も同席しております。

17分50秒

西村塾 平成26年塾長講話

2014/05/17掲載

西村塾 平成26年塾長講話

平成26年西村塾総会の際におこなった西村眞悟塾長の塾長講話の模様です。
配布した資料を紐解き、学研的な講話の内容となっております。

1時間7分30秒

西村塾 平成25年拡大塾長講話

2013/12/18掲載

西村塾 平成25年拡大塾長講話

平成25年、西村眞悟最後の講演となった西村塾拡大塾長講話の模様です。
 
 

57分30秒

更新履歴更新履歴一覧

2017/06/27
西村眞悟の時事通信更新
「国家再興」の具体的着手点は眼前にある!

「戦後体制からの脱却」とか「日本を取り戻す」とかのスローガンは、安倍内閣になってよく語られる。このスローガンは、即ち、「我が国家の再興」を目指すものである。では、スローガンではなく、その「実践論」、さらにその実践の「着手点」、は語られているのか。残念ながら、それは、語られるどころか、意識すらされ…

2017/06/26
西村眞悟の時事通信更新
戦前と戦後の連続性を甦らす、門脇朝秀翁と戦中派

先の通信では、六月二十三日の糸満市摩文仁の丘における沖縄戦戦没者慰霊祭を観て、心に湧き上がった思いを書かせていただいた。それは、今、我が国が「甦らせるべき慰霊」とは「国家という悠久の大義と結びついた慰霊」であるということだ。そうすることによって、国の戦いのなかで命を落とした同胞と今生きて、彼らを…

2017/06/24
西村眞悟の時事通信更新
悠久の大義に生きる英霊への真の慰霊・屈辱的和平の正体

六月二十三日は、沖縄の第三十二軍司令官牛島満中将が、以後、残存する部隊は生き残った者のなかの最上級者を指揮官として最後までゲリラ戦を展開して悠久の大義に生きよ、との命令を打電し、摩文仁の丘の南端の洞窟で自決した。それ以降、残存部隊は司令官の命令通り、各々の箇所で、ゲリラ戦を展開して八月十五日が過…

2017/06/21
西村眞悟の時事通信更新
日本を守るために落とした命

六月十七日02:25、伊豆町石廊崎南東約20キロの海上で、フィリピン船籍のコンテナ船(2万9060トン)とアメリカ第七艦隊のイージス艦フィッツジェラルド(8315トン)が衝突し、イージス艦の艦長ら三名が負傷し、七名が行方不明になった。しかし、捜索の結果、イージス艦の船首艦底は甚だしく損傷しており…

2017/06/17
西村眞悟の時事通信更新
歴史文献としての「日本国憲法」と「九条」

我が国の朝野は、「日本国憲法」を「憲法」として、おおまじめに読んきた。もちろん、憲法=法規だと思っているので、それに縛られている。しかし、「日本国憲法」をこれを「書いた者」の意図を伺うことができる「歴史的文献」として読み込めば、そこに、昭和二十年九月二日の降伏文書調印から我が国を占領統治した連合…

西村眞悟の時事通信

  • 平成29年6月27日(火)
    「戦後体制からの脱却」とか「日本を取り戻す」とかのスローガンは、安倍内閣になってよく語られる。このスローガンは、即ち、「我が国家の再興」を目指すものである。では、スローガンではなく、その「実践論」、さ…
  • 平成29年6月26日(月)
    先の通信では、六月二十三日の糸満市摩文仁の丘における沖縄戦戦没者慰霊祭を観て、心に湧き上がった思いを書かせていただいた。それは、今、我が国が「甦らせるべき慰霊」とは「国家という悠久の大義と結びついた慰…
  • 平成29年6月24日(土)
    六月二十三日は、沖縄の第三十二軍司令官牛島満中将が、以後、残存する部隊は生き残った者のなかの最上級者を指揮官として最後までゲリラ戦を展開して悠久の大義に生きよ、との命令を打電し、摩文仁の丘の南端の洞窟…
  • 平成29年6月21日(水)
    六月十七日02:25、伊豆町石廊崎南東約20キロの海上で、フィリピン船籍のコンテナ船(2万9060トン)とアメリカ第七艦隊のイージス艦フィッツジェラルド(8315トン)が衝突し、イージス艦の艦長ら三名…
  • 平成29年6月17日(土)
    我が国の朝野は、「日本国憲法」を「憲法」として、おおまじめに読んできた。もちろん、憲法=法規だと思っているので、それに縛られている。しかし、「日本国憲法」をこれを「書いた者」の意図を伺うことができる「…
メールマガジン配信ネットサポーター会員登録
これが西村眞悟のマニュフェストだ!
西村眞悟の魅力はこれだ!
西村塾
眞悟の会・堺
西村眞悟FaceBook
西村眞悟twitter